2017年8月6日日曜日

<体験会終了しました> byオラ

お米作り・野菜の収穫体験会終了しました。

猛暑のため、草取りは早々に終了し、くまの元気会のみなさんと一緒に出荷が始まった菊やスイカの出荷準備と、午後からは発送を行いました。


くまの元気会のメンバーでもある、小学生のゆうなちゃんが重いスイカを抱えて、道の駅と、クローバーへの出荷サポートを引き受けてくれました。
畑で割れてしまったスイカをみんなで試食!
これは甘いが、あちらのは甘くないと、ワイワイガヤガヤ!
同じ畑でも、味にはかなり差がでます。

昼食は、元気会のみなさんと一緒に、カレーライスをいただきました!



畑からの収穫から始り、冷蔵庫への保管。
出荷においては、陳列、バーコードの打ち出しなど、大活躍の一日でした。


300円~1000円までの価格で打ち出したバーコードをスイカに貼っていきました。

スイカたちが、喜んでお嫁にいけますように!

2017年7月31日月曜日

<お米作り体験会【草取り・収穫編】 開催します>byオラ

7月があっという間に終わりました。

イベント、出荷等、草取りに追われているうちにもう8月です!!
くまの元気会のブログ

稲も一日一日と成長をしています。
草ももれなく・・・

毎日少しづつ、ヒエやイグサなどの草を抜いていますが
追いつかないです。

今は中干しと言って、水を抜いて土に酸素を与える時期ですが、
ヒエの穂も顔を出し始め、気づいたものから刈っています。

8月5日(土)はお米作り体験会を開催することになりました。
主に田んぼと畑の草取りを行います。

熱い時期ですので、草取りは早めに終えて、朝のうちに収穫した野菜を使って、みんなで昼食をつくっていただきましょう!

お米作り体験会

《草取り・収穫編》

福山くまの園の田んぼにて、草取り会を開催! 

毎日食べているご飯が、どのように作られているのかを知らない大人や子どもたちが増えています。くまの園にて、みんなでお米づくりの体験をしてみませんか?
お子様連れ、お年寄りを連れての参加も歓迎です。
お米づくりを通して、自然の中で土に触れる体験、汗を流す体験、働いて楽しい体験、共に働く体験、命をいただくという体験など、肉体と脳を使った 色んな農業を通じての実体験は、ゲーム世代にとって、きっと新しい喜びと『生きている』という実感をもたらしてくれることでしょう。

くまの園では、田植え、草取り、稲刈りとそれぞれ半年かけて、3回のお米づくり体験会を開催予定です。
その他にも、くまの園の田んぼや畑は、イベント日程以外でもお越しいただければ いつでも農業体験ができます。5月には種まき、育苗、6月には田植え、8月は草取り、夏野菜の収穫、9月土作り、10月は稲刈り、籾すりとお米づくりに関われる他に、畑では常時野菜作り、畑の草取り、収穫など1年を通じて体験できます。収穫した野菜を使って、一緒に料理していただくこともでき、宿泊も可能です。
『くまの元気会』のお年寄りを先生に、地元スーパー『クローバー』やぬまくま『道の駅』に野菜の出荷もしています。

連絡の上どうぞいつでもお気軽にお越しください。宿泊を希望の方、お車でお越しの方はお早めに連絡をお願いします。

時 : 201785日(土) 900~15:00
  ※草取りの後は昼食会を行います
◆場 所 : くまの園 福山市熊野町乙508
  (NPO法人グローバルハートスペース福山)
◆協力金 : 1人:1,000円 (小中学生500) ※昼食付き 
  ★宿泊は別途2000
◆持参物 : タオル・飲み物・帽子・田植えのできる服装(長そでシャツ)・着替え・
   作業手袋・ 田んぼ用長靴(ない方は相談ください/貸出いくつかあり)      
 ※昼食は、『くまの元気会』の野菜を収穫して、野菜料理などをみんなで作りましょう!
 ※前日からの宿泊可能です。(宿泊協力金2,000円 朝食付き)
 ※母屋の改築中が終わりました!新しい母屋にどうぞお越しください!!
  主催:NPO法人グローバルハートスペース福山 (くまの園)
 協力:アジア福山地方創生プロジェクト『くまの元気会』
 720-0411福山市熊野町乙508  TEL/FAX084-959-1736
  担当:森田豊子(オラ) 携帯:090-5702-8420
   Emailgoingoneway.ora@gmail.com

  Bloghttp://heartspacefukuyama.blogspot.jp/     

2017年7月25日火曜日

<大きく育ってね!>byオラ

6月に手植えした田んぼも、そのほかの田んぼの稲は
無事に大きくなっていますよ~~!
 ただ・・・草も大きく育っています(汗)

毎日の水やりと、草取りが結構大変です。
畔の草も日々成長します。

くまの園拠点母屋の改修工事がほぼ終わりましたので、
拠点は少し落ち着きました。

尾道に住む私オラの実家の父が、くまの園に
来てくれました。
一人暮らしをしており、89歳でまだまだ元気なのですが、ひとりで暮らすには限界も見えてきており、この福山の新しくなった家に来て、とても気に入ってくれここに住むと言ってくれています。

毎朝、5時から庭の草取りに精出してくれています。


朝ごはんは、ひと仕事が済んで老犬チョコと一緒に。
時には気分を変えて、外で食べるのもまた気持ちがいいなごむひと時です。

夏野菜も旬を迎えて、くまの元気会より、毎日スーパー・道の駅などに野菜をだしていますが、宅配も始めています。
GHSの畑では、オラが育てて出しています。
先月からくまさんがこちらをでられましたので、畑の先生が身近におらず、農業塾や、ご近所さんに聞きながら何とかやっております。

1軒だけではなく、何件か農家さんが集まるだけですごい数になります。
http://ameblo.jp/kumanogenki/entry-12295635377.html

取れるときは一気にとれるので、ご近所さんたちは、家庭菜園で家族知り合いなどだけのために作られていても、出来すぎて破棄される野菜もでてきました。
一番旬のおいしい時期にもったいないことですが、規格外(曲がったり少し傷があったり)は食べるには困らなくても売り物にはなりません。
それが日々ごっそり出てくるのです。

漬物に形を変えて出荷していますが、それも過剰気味。
惣菜製造はまだまだ追いついていません。

先日はとれ過ぎた野菜、規格外の野菜をレストランに送らせていただき、役立てていただきました。
まがったきゅうり、1日たったきゅうりですがまだまだ新鮮です。

ちょうど東京のスタジオでふれあい市をされるということで、またそちらにも出荷させていただきました。

大量生産されている野菜はなく、一つ一つに心をかけて育てられた
エネルギーにあふれる野菜たちです。
元気になる野菜の必要な方はどうぞ連絡ください。

森田:090-5702-8420

2017年6月12日月曜日

<お米作り体験会(田植え)終了しました!> byオラ

11日はおコメ作り体験会(田植編)を開催しました。
石川・岡山から5名の参加者が宿泊され、
前日は温泉に入って、蛍を眺めて・・・
みなさんぐっすり眠れたようです。

さて朝は、当日参加者と一緒に9時から田植え開始です。
田植えが初めてという3名。
足を取られながら、蛇行しながらも一番小さな田んぼにしたこともあり、早い時間に終えることができました。

その後は、体力の残っている方は、機械で植えた田んぼの植え残したところを手植えしていきました。


昼食メニューは、いのしし肉の具だくさん味噌汁、豆のカレー、野菜炒め、サラダ、漬物、ふきの佃煮などなど。

ここで収穫した材料を使って料理していただきました。
真ん中のがきゅうりです!初収穫♪

ピーマンも初物!
レタス、きゅうり、ナス、ピーマンを少しだけですが、収穫することができ、野菜炒めと、サラダに入れていただきました。

お昼御飯は、参加者のみなさんと『くまの元気会』のみなさんと一緒にいただくことができました。残念なことに、元気会の地元のみなさんは、農繁期でみなさん御自分の田植えが忙しくて、3名しか参加できませんでしたが、楽しいひと時を過ごしていただけたのではないでしょうか。

午後の交流会も含めて総勢19名で、とてもにぎやかな会となりました。

ご近所さんからの差し入れ、猪汁が大好評でした。
昼食が終わったころにスペシャルゲスト、
ちょうど来日中の、スリランカのお坊様と、ミャンマー、スリランカの研修生たちも来訪くださいました。
スリランカとミャンマーの国旗を貼って歓迎!
スリランカのサジーニさん。
くまの園に1か月滞在されたことがあります。
右に亜弥迦さん、中央にはスリランカの僧侶スブーティセアロ

ミャンマー人のガッツさん
ミャンマー人のウィンさん
それぞれ、みなさんに自己紹介をしていただきました。

その後は田んぼや畑で、収穫したり

ガッツさんは機械の操作をしてみたいということで、
あと1枚となった田んぼで耕運機を操作されていました。
アジアのみなさんも、それぞれにくまの園でいろんな体験を楽しんでおられました。

<お米づくり体験会前日> byオラ

11日はお米づくり体験会です。
残念ながら、11日に予定があって来られない方、
また前日から宿泊の方たちは10日に来訪されました。

お孫さんと来訪された土井さんは、
田んぼで浮いた草をすくったり、植え次をしたり、
ジャガイモ掘りなど
お孫さんとともに、目一杯楽しんで帰られました。

また前日からの宿泊組さんたちは、
到着早々に庭の草取りから初めて、
昼食会場になるまだ未完成のリビングの拭き掃除、体験会当日の食器の準備、じゃがいも堀りなどなど、これまた目一杯働かれました。

汗をかいたあとは、
くまの園から車で15分で行ける神勝寺温泉、昭和の湯にGO!

あったまったその足で、帰宅後はくまの園の6月の楽しみのひとつ、
蛍鑑賞です。

近所の小川でゆらりゆらりと飛び交う蛍の光を眺めて
ぽつりぽつりと歩いていると、夜空におぼろ月が見えました。

カエルの大合唱をバックに、いなかはいいな~~
と思いながら、しみじみと味わいながら帰りました。

2017年6月5日月曜日

<田植えが始まりました>byオラ

田植えが始まりました。

今年はいろいろな機械や、新しいプール育苗のおかげで
本当に立派な苗ができました!!

いよいよ田植え開始です。

とはいっても機械で植えます。
大変なのは、機械の植える時に飛んだところや、端の機械で植えられないところを手植えです。


機械ができないところだけですので、そうはいってもすぐに終わります。

昔の方たちはすべてを手植えされていたと想像するだけで
めまいがしてきます。

11日の田植え会はもちろん手植えをしますが、
本当に1枚の田んぼだけですし、手植えできなかったところは
機械でフォローするつもりです。

本当に『少しの体験』でしかありませんが、
それでも1度でも体験してみることが大事だと思います。

田んぼの端では、くまさんが大事に育てた玉ねぎが収穫を迎えています。


2017年6月3日土曜日

<筋肉痛の赤レンジャー>byオラ

田植えが始まるまでの準備が一番大変とも言えるのですが、
ただいま代かきと草刈りのピークがきています。


いよいよ田んぼに水が入ると、代かきです。

耕運機で水と土をかき混ぜていくのです。

機械でかきまわしたあとは、タイヤのあとや角に盛り上がった土を
トンボで平らにする仕事があるのですが、これが力が要ります。

今年度に入ってからは、畑のクワうちで筋肉がついてきたオラですが、
トンボでの代かきで、さらに腕に筋肉がついてきたのか
1日1日と楽にはなってきています。

わたくし、気合いを入れてつなぎを購入!
エンジ色を頼んだはずなのに、来たのは真っ赤??(笑)
まあ元気が出る色でいいか・・・と着てみました。
赤レンジャーと主人に呼ばれています。
田んぼに草刈り赤レンジャー参上!!

草刈りを楽しんでいます。
畔の草を草刈り機やカマで刈りますし、
色んな筋肉をつかうのでしょう。

連日あちこちが筋肉痛です(笑)



今母屋を改装中でお風呂が使えないため、ご近所さんのお風呂を使わせていただいたりもしていますが、ほとんどは毎日近くの神勝寺温泉に入りに行っていますので、筋肉痛や疲れが取れます。
露天風呂に浸かると思わず「極楽・極楽!」と声が出ます。
プチ贅沢です♪

温泉はいいですな~~♪
田植え会で、宿泊の予約をされている方、一緒に温泉に行きましょう!!