2014年2月22日土曜日

<お疲れ様!綿畑> by くま


収穫も終え、何とかイノシシの襲撃もかわしてきた綿畑。

今年の種蒔きに備えて、畑整備です。





ちょぴっと残っていた綿
残った茎を抜いて、竹を取って軽く草取り。


マイエンザを蒔いてしばし休息。
これ残骸

きれいになりました























今度また耕します。

2014年2月20日木曜日

<地域花卉剪定講習会参加> by くま


時々気になっていた「福山園芸センター」の看板。

今回はそこで“花卉剪定講習会”が開催されます。

看板をもとに曲がってから、一体どこじゃぁー!と思いながら
車を走らせるとようやく見えてきました。
見学自由とあるけど、ここまで来る人っているのかしら!?という環境。
見晴らしは抜群ですけどね。

随分上がってきました









講習会はまずは理論から。
各木の花のつき方や仕立て方の大まかな説明を資料を基に2時間ほど。

花のつき方は種類ごとにそれぞれ違うけど、
「基部優勢/もとに近いところほど勢いが強い」
「強く切り返せば切り返すほど、また強い木がでてくる」etc

なんだか、人間の世界にも通用することが多くて思わず笑ってしまいましたわ。
だって強く押さえれば押さえるほど、反抗心ってムクムクわいてきますもんね。

なかなか楽しい講義の後、今度は外に出て実施見学。





数々の経験を重ねた参加者メンバー(つまり高齢ってことね)の前では
指導者の方もたじたじ。
まぁ あちこちで起きる暴走。
剪定した木を植えると芽が出ると、木を拾い出すわ。
いのししの柵がないからうり坊をとってきて放そうかと
大笑いするわ。重鎮メンバーの暴走はコワイ・・・。

みんなー聞こうよ。

そんななか、半ばあきらめ淡々と続ける指導員の方。

さすが指導者の剪定の手の動きは見事!
木の剪定方法、のこぎりの使い方を見るだけで今回の講習会に
参加した価値ありって感じでした。

さてさて、中途半端な剪定作業しなきゃ。

梅が満開でした
 

2014年2月14日金曜日

<里芋と檸檬ともに出張> by くま


2月に入り寒くてぐずついた天気続き。

そして、結局里芋は干すことが出来ず、そのまま石川に送ることに。
1月末にとってきた檸檬の残りも送ることにした。

2月6日 福山を出る際は粉雪が一日舞う天気。

大阪では普段長靴生活中心のためか、街中を歩くとえらい疲れる・・・。

翌日石川につくと天気もいいので、石川の寒空のした里芋を洗い干す作業。

石川の寒い風で乾燥中












そして、檸檬加工作業も実施。
ジャムとかあまりに工程の多い作業はあきらめ、
蜂蜜檸檬と塩檸檬に着手。



塩につけた塩レモン
くま輪切り




蜂蜜は素材そのものがおいしいため、文句なしに美味しいものに。

石川滞在中、檸檬と里芋を紹介させていただきましたが、
多くの方にご協力いただきました。
ありがとうございました!

福山紹介コーナー












そして、照美さんからおいしい檸檬ケーキと檸檬クッキーが
届きました。
照美さんのつくるお菓子は愛情いっぱいで
いつも絶品です。



2014年2月2日日曜日

<優れもの~シャキーィン~> by くま

先日、ぎこぎこと自転車にのって移動中。
どこからから 私の名前を呼ぶ声が。
ん!?

下を見ると作業場で切り干し大根干し作業中のご近所さん。

「大根いらんか?」
そして手元には、もうかくだけとなった大根と切り干し大根のカッター。
ありがとうございます!!
ってことで、ありがたくいただいてきました。
もう切るだけの状態の頂き物











小さいときは親が包丁で大根を切っていたけど、
今はこんな優れものが。

シャキーィン シャキィーン♪
こりゃ楽しい。
人参も混ぜるとよいと人参もとってきた。
む。人参はちょっと固いぞ。



くまも均一にきれます


さぁ この寒気にさらすと美味しい切り干し大根が出来るぞ。

後日談:2月は石川にいくことになったので結局軒下に干したまま
    出かけることにした(まだ中途半端だったので)
    そして、帰ってくるとちょっと干し過ぎであった・・・。
    来年、来年。

2014年2月1日土曜日

<檸檬とり~in しまなみ海道~> by くま


年明けて それこそ生まれた頃からのながーい付き合いの
幼馴染から連絡が。
「檸檬いらんー!?」と。

「送って~!あと、タオル(支援物資)ない?」
と返事したら、即座に 自分でとりにこいと・・・。

実はくま地元のしまなみ海道は 福山から1時間半と近いのです。
そして、幼馴染は地元より更に福山よりの島に引っ越したばかり。

さてさて、マイ収穫鋏を手に出掛けてきました!

福山に引越ししたあと 絶対必要だと思って手に入れた物ですが、
必要なかった。。。
福山では柑橘の収穫はない。。。

もちろん マイはさみは必要ない!と幼馴染に一蹴された。

橋ができて軒並み船の運航が廃止され、
船大好きなくまとしては残念でしかたがないのですが。。。l
たまに走るのならばこのしまなみ海道は景色がよくて
とても気持ちいいのです。


        しまなみ海道は気持ちいい

幼馴染の家の近くについて、
あそこにいくの?と絶句。

島はやはり山の狭いところに家がひしめき合っていて、
当然果樹園もその狭い上の方にあるんですよ。
下の広いところに駐車して一輪車で運ぶか、
いや果樹園に続く道はちょっと広いと・・・いろいろ検討。
まずは檸檬畑に向かうことにしたが、
よーく見ると上がったが最後方向転換する場所はどこにあるの!?
ってとこで却下。
結局、ゆっくりと友達の家に向かい、
家の裏からかごを持って収穫、往復することに決定。

青い海、黄色い檸檬













いやー
久しぶりの収穫作業に舞い上がったくまは、
友達に「よるな!遅い!」と何度も怒られ。

6往復位して収穫作業終了。

車を動かしたくないので、どこにも行かず。

さわやかな島の風をゆっくり味わって帰ってきました。

でもさー
「檸檬って何につかうん?」収穫をしながら何回はなしたっけかなー。