2014年5月31日土曜日

<今日も元気に> by Ora

オラです。
広島に用事があり、とんぼ返りしてくる間にも、ミンウーさんは松永さんとともに、元気に働いておられました!

ミンウーさんは片手なので、耕運機などの機械操作はどうなんだろう・・・
とおもっていましたが、片手だからこそ、一つ一つを確認しながら、とても丁寧な仕事をされていました。

実は先日、一番広い田んぼを、ミャンマー人2人で(ウィンさん、ミンウーさんで)ぐるぐると回るようにして耕していたところ、ご近所のおじさんに、スピードをだしてぐるぐると回って耕運すると、土が寄り、耕運した後がガタガタになってしまい、代かきが大変になるとのご指導をいただきました。

ミャンマーでは、機械でどんなにガタガタに耕しても、最後に牛できれいに平らに代かきをするらしく、日本とのやり方がちがっていたようです。
その後、タイヤの後が残らないように、綺麗に耕運する耕す順番と、動きを等を説明書をしっかりと読んで確認し、今回はとても綺麗に耕運することができました。

午前中は元気に畑、田んぼ仕事をこなし、
昼食後の暑い日中は、部屋でパソコンを勉強。

そして夕方少し涼しくなってきたところで、また外で農作業です。
今日はくまさんに機械での草刈りの伝授。
機械操作は怪我と隣り合わせです。
顔に石などが飛んでくると危ないので、必ず顔にカバーをつけてやることを、くまさんは厳重注意されていました!
機械での草刈り
運搬車にポンプとタンクを積み込み、畑への水遣りに!

 今夜は7:30から。ご近所さんを招いて、ミンウーさんとGHSや拠点の紹介をすることになっています。
仕事を早めに切り上げて、帰宅。
ご近所さんは谷の方は12軒おられますが、8軒と、ほとんどの方が来てくださいました。

 流れとしては、グローバルハートスペースの活動紹介をしたあと、ミンウーさん、松永さん、それぞれ自己紹介をさせていただきました。
1ヶ月も滞在するので、ご近所さんにもしっかりと顔を覚えていただきたいとおもいます。


自己紹介、活動紹介を終えた後は、ミャンマーティーをいただきながら、
ミャンマーの話、今後の夢などの話をしました。



ご近所さんが、こうやって足を運んでくださり、
ミンウーさんを快く迎えてくださることは、嬉しい限りです。

2014年5月28日水曜日

<男性たちは力仕事の一日> byオラ

田んぼの苗も少しづつ大きくなってきましたよ!
毎朝、様子を見て水やりをします。

本日は松永さん、ミンウーさんも加わって確認。
今日はまだ土がぬれており、水やりは明日となりました。
一日一日と大きくなっております。

 


その後は、裏山の竹の子を堀りました。
ミャンマー人男性二人の、鍬うちはプロですね~!!!

竹の子掘りのスピードが速いこと速いこと。

あっという間にバケツにいっぱい!
その後は竹やぶの伐採をし、運搬車で運びだし、

本日の男性たちは、力仕事で
あっという間に一日が終わりました。

男性達は、汗だくだくで仕事をしていますが、
見ていて本当に楽しそうです。

『働いて楽しい』という『どうらく』私たちの原点をそのまま実践ですね。

今日もとてもにぎやかな一日となりました。

私は竹の子と蕗をゲットしましたので、下ごしらえします。
みなさんと一緒に、おいしくいただきます♪


2014年5月26日月曜日

<これからの農業プロジェクト>

今日からウィンさんも合流して、短い間ですが福山で、これからの農業プロジェクトの方向性を共に考え、次の一歩につながっていくようにしたいと思います。

ウィンさん到着後早速、農業の本を広げ、ミンウーさんの地元の田んぼでいつごろ、どんな風に実験をやっていくか、日本のお米をマイエンザを活用し数年かけて研究してはどうか、というミンウーさんの希望にもそった提案をベースに、福山で日本の米作りを体験しつつ、目標設定ができたらいいねと話していました。

夜遅くなってしまいましたが、くまの園で取れた野菜、ご近所から頂いたお漬物や野菜でワイワイと楽しい食事になりました。
明日からまた一緒に汗を流しましょう♪

<ミャンマーのミンウーさん福山に到着!>  byオラ


昨夜はくまの園にミャンマー人のミンウーさんと
石川県から松永さんが到着されました。
お二人は約1ヶ月 福山に滞在される予定です。

ミンウーサンは、ミャンマーから日本の農業を学びに、
また私たちと共同事業の第一歩として来日されます。

到着後さっそく、耕運機の使い方の説明を受け、


その後は、えんどう豆の収穫をされました。



 その後は、くまさんとともに、藍の植え替えをして、7時過ぎまで畑仕事を学んでおられました。






 夕食は遅い時間になりましたが、母屋で4人でいただきました。

石川から運転してこられた松永さんお疲れ様でした!!


 翌日も朝から雑巾がけ、掃き掃除と掃除にいそしみ、
朝食の後も、マイエンザの話になると、しっかりとメモをとって
すっかり勉強モードです。

 これから、福山くまの園では、田植えが始まります。

苗は芽を出し、少しづつ成長しています!
色々と楽しみが増えているくまの園、どうぞいつでもおこしください。


2014年5月19日月曜日

<藍の種蒔き第2弾!> byオラ

お米の種まきが無事に終わり、ちょっとひと段落しています。

しか~し、田舎ではやることはたくさん!

本日私は、藍の追加の種まきと、家まわりの草取りをしました。

くまさんは、先発で植えた藍や、ジャガイモに肥料をあげたり、
里芋を植え替えたあとの場所の草取りをしました。


前回藍を植えたときは、本当に蒔いただけでしたが、今回はポットに土をいれるところから
最後まで一通りやってみました。


藍の種はこんなゴマのように小さいのです!
この皮を剥いて(剥くと芽が出やすくなるそうです)蒔きます。

ポットの中に、ネットを敷いて

鹿沼土をいれます。


その上から培養土をいれて、3箇所に指で穴を開けてそこに種を3粒づつ蒔き、
軽く土をかけます。

そしてたっぷりと水をやり、直射日光のあたらない場所に移動して終了。
約1ヶ月で芽が出るそうです!!


早く芽を出せ藍の種!!

夏には藍の生葉で、シルクショールの染めをやろうと思っています。
種を蒔くところから関わると、藍への愛がいっぱいわいてきますね!


しかし大変なのは植えた後の、毎日のお世話です。
今回藍を植えたのは、お隣さんの畑です。

GHSで使っている畑はすでに他のものが植わっており、場所がなかったので、
お隣さんの休耕の畑をお借りして、一角に植えております。

今日の午前中は、藍と藍の間の土に、マイエンザで作ったぼかし(肥料)を。

藍の間に肥料をやって、さっと土を掻いています。


夕方の水やり

朝夕は一輪車に大きなバケツをのせて、たっぷりの水を畑に運び、
ジョロでお水をあげます。

これから夏に向けて、暑くなり、草もどんどん生えてきますので草取りも大変です。

この一輪車でのお水運び、まだ近くの畑はよいのですが、綿を植える予定の、
上の畑は急な坂道を登っていきます。

これが本当に大変な重労働になりますが、くまさんは毎日、自分の仕事として
毎日を黙々とやっています!

8月の収穫まで、こういった裏方仕事がつづきます。

シルクワークにかかわるみなさん。
藍染めに興味のある方も、ぜひ『くまの園』の藍に、会いにきてくださいね。

小さい芽も元気に大きくなってきていますよ~~!


さて、私は午後からは、拠点裏庭の草を抜きました。

しゃがみこんでの仕事は根気がいりますが、
野良仕事のいいところは、結果が見えること。

このように草ボウボウの裏庭でしたが・・・・


夕方、蚊がでてくるころには このように草の山ができました。
一輪車で抜いた草を運んで本日の、
外仕事を無事に終了いたしました!

草を抜いた場所は、本当にすっきりしますね~!

しか~~しですよ、ひと夏に草取り1回では終わりませぬ。
雑草は本当に強いです。


<福山でリトリートやります!!> by オラ

今年の田植えはガユーナ・セアロ師をお招きして、
学びの多い体験を提供させていただきます。

福山の体験型リトリートに、皆様是非ご参加ください!

福山協働体験学習リトリート
2012年の田植え


この時期は蛍が見れるかもしれません!!


また、くまの園には、ミャンマーから日本の農業を学びに、
そして私たちと協働事業の第一歩として、
5月から仲間がやってきます~!リトリートにももちろん参加です!

グローバルハートスペースブログ

福山にて一緒に農業体験をしませんか?


2014年5月17日土曜日

<種まき終了しました> byオラ

1週間ほど水に浸した種もみを、最後にはお風呂に移動。
30度弱のお湯に12時間浸しました。

浴槽が育苗保温庫!

種もみの角がプクッと膨れて、今にも芽が出る!
という時が種まきのタイミングです。

午前中に種まきを始める予定でしたが、このところ夜は気温が下がっており、
温度管理もちょっと低めにしていたので、芽が生えそろってはおらず、
午後からになりそうな状態です。

待っている時間にイチゴ狩りをしました。
ご近所さんのイチゴ畑のひと筋をくまさんが植えさせてもらっており、この一筋だけが私たちのイチゴです。

このひと筋が収穫OKです。

イチゴは、きれいなものはそのままいただき、小さな完熟ものはジャムにします。


いちごの収穫が終わったころ、今度はまたご近所さんから『さくらんぼ』収穫のおさそいです。
ご近所さんのお庭になっているさくらんぼをいただきにいきました。

ご近所さんと、くまさん、りなさん


ちょうど岡山から参加のメンバーも到着され、一緒に収穫してきました。

実はくまさんは先週も、さくらんぼを収穫したようですが、そのときは木の上あたりにびっしりなっていたようです。
それがあっという間に上のほうは鳥さんたちが食べてしまったようです。
鳥さんと人間の競争ですね!

それでも、今日の時点でまだ下のほうには、たくさんの実がなっておりました。
イチゴの後には獲れたてさくらんぼも、しっかりといただきました。

かわいいさくらんぼ!

もう少し時間を置いてということで、さきに昼食をいただきました。
昼食は、参加メンバーが全て用意してくださり、
おいしくいただきました!

お魚をすり身にして作られたハンバーグ、おいしかったです!

さっと来て、自分ができる奉仕を、ささっ~とこなし、
ギリギリまで働き、時間が来たら、本当にあっという間に気持ちよく帰っていかれましたが、
帰られたあとは、あたたかい気持ちが残りました。

藍の種の選別仕事

協働を学ばせていただいている、この福山の拠点。

いつも協働とは・・・と思いながら働いていますが、
一緒に何かをするだけではなく、自分ができることを、同じ場所でそれぞれがやっている。

それは、一見するとそれぞれがバラバラで働いており、
協働ではないようにも見えますが、
大きな流れの中で考えると、そういった奉仕のやり方も協働なのだろうと思います。

自分ができることで、誰かの役にたったり、
直接の仕事とは違っても、メンバーの助けになり
結局は大きな流れがスムーズに運ぶためのサポートになっているのですね。


ポンプで引いて、たっぷりと水遣りをしました。

育苗する予定の田んぼにしっかりと水を撒き

今回は外で種まきをしました。

苗箱に、種を蒔き、土を被せ


苗箱を並べて穴あきシートをかけます。
田んぼにならべて

最後に厚手のシートをかけて終了!

最後にシートをかけて、今日のメインの仕事が終了。

結局いつも通りに育てる60枚の苗と、マイエンザ実験用の8箱
合計68枚の苗箱に植えることができました。

何とか日のあるうちに終了することができました。

昨年は遅い時間にアセアセで終了した種まきでしたが、
今年はちょっと余裕をもって終わることができました。

これから6月の田植えまで、しっかりと育ててまいります。



2014年5月16日金曜日

<いよいよ種まきです!>by オラ

オラです。

福山くまの園にかえってきています。
いよいよ田植えの前段階、種まきがはじまります。


昨日は苗箱に60箱の土入れをしました。





種籾は、ただいま水につかって、発芽を待っております。
午後から30度弱のお風呂に移動で、種モミさんたちは12時間だけ暖かい思いをして
芽を出す寸前で種まきとなるわけです。

今週末17日は種まきをやります。

昨年は、芽が出るタイミングの調整ができず、
あわてて遅い時間に撒いて、汗汗の種まきでした。

今年こそは、うまくいくか・・・
やるしかないですが、昨年の失敗を生かして行きます。

福山では、田んぼのほかにも 畑仕事、綿くり、染め、マイエン作りなど、色んな体験ができます。

種まきだけでなく、
どうぞいつでもおこしください!


こちらでは、エンドウが収穫の時を迎えており、
毎日たっぷりといただいております。

エンドウはいろんな料理に使えて、そしておいしいことおいしいこと。

獲れたて野菜には、パワーがいっぱい!!
幸せな気持ちになりますね。

さて、

そしていよいよ6月のくまの園での、セアロ師を招いての初リトリートがせまってきました!

福山協働体験学習リトリート

田んぼ体験はもちろんしていただきますが、
食材を生かすというセアロの料理のエッセンスもいただきたいな~と
くまさんと企画の妄想に走っております。


どんなリトリートになるか・・初開催なので、枠も無く、
福山ならではの体験をしていただけるといいなと思います。
どうぞお楽しみにいらしてください。


ただいま、リトリートに向けて、母屋の押入れの大掃除をしております。
この機会に不用品の大処分!!


少しづつ、少しづつ片付いております。

むか~し懐かしいひょうたんの置物などをみつけて、
レトロ気分を楽しんでいます。

結局このひょうたんは残すことにしました。
福山に来られたら2階和室で会ってやってください!