2015年6月30日火曜日

<今年の里芋>   by くま

里芋の発芽にばらつきがあったため、今年は追肥&畝寄せが少し遅くなりました。

もうすぐ七夕。
よく親が七夕の朝には里芋の葉っぱにたまった朝露をとって、
硯で墨をすって願い事を書いていたと話していましたが。。。。
未だに願い事がかなった覚えがないのは、そこんとこすっ飛ばしているからでしょうか(笑)
里芋をみると そんなことをいつも考えてしまいます。

田植えが始まったあとの 里芋の畝寄せは土が湿るため、力勝負です。
できるだけ後回しにしておりましたが、腹くくって作業開始!!

途中 別の作業を行い、結局2日に渡って作業を行い、畝寄せ完了。

今年も里芋が大きくなりますように…。



<倒れたーー!?>  by くま

朝 作業をしているとまたもや 片手にマムシをもったご近所さんが!!
「ペットボトルないかー」と歩いてきます。

果たして ペットボトルではいるかなーと思いながら準備。

そうこうしているうちにご近所さんが さらに2人庭先に。
そのお孫さんが走っていたから、「この蛇には注意するように」とお孫さんが呼ばれ。

朝早くから いつになくにぎやかなくまの園の庭先。


そうすると 今度は下で作業をしていたご近所さんが何があったかと駆けつけ。
「マムシがまたおったぞー!」の一言でホッとしたようでしたが、
下では「さっきまで歩いていたのに、くまが倒れたのか・・・!?」と話していたそうな。。。

大笑いしながら、みんなでマムシを見て、ぼーっとしていたら写真写真!
と昨日 暗がりで写真を撮っていた姿を見たため、今撮るようにといわれました。


いのししの好物はマムシだそうな・・・

















賑わいのあと、まむし担当班のいのししのおじちゃんが
「倒れたらハメ焼酎を飲ませるから」といいながら 
マムシのはいったペットボトルをもって帰っていきました。

愛犬ちぃたちとくまは これでいつ具合が悪くなっても ひと安心です。

<マムシよりも・・・>  by くま

まむしがとれたから 一升瓶を準備してほしいと伝えて欲しいと連絡あり。
電話で話しながら歩いていると、後ろからマムシの頭を片手で押さえて
自転車にのったご近所さんが!!
何が怖いって、マムシよりもマムシを素手でもっているその行為がコワイ!!

一升瓶をだしてもらって 何とか作業終了。

あー写真を撮ってなかったと思って、暗がりの中写真を撮りに来ましたー。





<ご近所さんの楽しみ>  by くま

いのししのおじちゃん家の軒先に、ツバメが巣をつくって今年は5羽 雛がかえりました。
昨年も今年も 雛がかえってもカラスにやられる家が続出。

そのなか 元気な5羽は大きく育ってます。

うまく撮れない。これよりだいぶ大きくなりましたー

















かわいいなーと思いつつ、同じ鳥でもいろいろだなーと、
考えてしまうくまであった。

<帽子を被せました!!>  by くま


夏野菜が実る時期になりました。ぼーっとしているとあっという間に大きくなるので、
ご近所さんが「早く収穫しないと!!」と声をかけてくださいます。



じゃがいも収穫。ちょっと今年は大きいです。

野菜作りの師匠の いのししのおじちゃんも、
「スイカの蔓がなかなかよくのびとる」と言ってくださいました。


そしてよーく見ると ドッジボール小のスイカが出来ております。
今年も また カラス防止の ザルの帽子を被せました~。







さぁ スイカ帽は何個になるかしら・・!?

<また 足跡が・・・>  by くま

田植えも終わり、先日 糠をまいた田んぼの植え継ぎを実施。
田んぼの中での歩き方ががさつで、今回足跡に注意して歩いたつもりが。。。

数日後、歩いているとなんとまぁ こんもりとした大きな足跡が!!

“また なんてことを"とつぶやきながら 近寄ったことろ、なんかおかしい。。。
いや 足跡ではない。動いてる!!
よーく見てみると 大きな亀がのっそのっそと田んぼを歩き回っておりました。



小さいころは梅雨の時期に道を歩く亀をのよく見かけたものですが、
久しぶりに亀を見たような気がします。しかも 足跡より大きい。。。

まぁ とにかく足跡ではなくてよかった!!


2015年6月18日木曜日

<初トマトの収穫!!> byオラ

オラです。

昨夜広島の自宅に帰宅しました。
1ヶ月半、農繁期にくまさんと一緒に田植えをしました。
今日からは当分くまさんが一人でくまの園をの管理をします。
秋収穫のサトイモ、大きくなってきました。もう少ししてあぜを切ります。

田んぼは植えてから収穫まで、気が抜けません。
福山の田んぼは、すべてコンクリートのあぜではなく、モグラの穴など、水が抜けやすい田んぼが多く、朝いっぱいにしていても、夕方にはなくなっていたりします。

水が張ってないと、草が生えやすく、特に除草剤を使ってない田んぼは見るも無残に草だらけとなってしまいます。

今年は米ぬかを撒く実験もしていますが、水を入れすぎて、苗が半分以上つかると元気でなくなってしまったりして、水の量も多すぎず、土が出ていない状況にするのには、目がはなせません。
水も取り込みやすい田んぼもあれば、なかなか入れにくい田んぼもあります。
7月に入ると草もびっしり生えてきます。
くまさんは田んぼにはいつくばって連日草取りをしています。

訪問の際は、きっと外でどろんこになっているくまさんを発見することとおもいます。

谷で「くまさ~ん!」と呼ぶと、どかにいるとおもうし、ご近所さんが「あそこにいるよ~!」とおしえてくれたりしますよ。

さて、うれしいおしらせです。
先日帰宅前に、ビニールハウスの中でトマトの初収穫をしました!


ビニールハウスは、みなさんで手づくりしたものです。
写真嫌いのくまさんは、顔はこちらにむけてくれませんが、うれしい初トマトです!!



記念のトマトでしたが、ビニールハウスの中でまるかじりしました。

冷蔵庫にいれて冷たく冷えているわけではなく、生温かいトマトでしたが、
ほんのり甘く、トマト本来の香りがして、なんともいえない幸せな気持ちになりました。

昔は当たり前だったことかもしれませんが、
収穫してその場でいただくのは究極の贅沢ですね。

広いハウスでの大量生産ではなく、たったの数本を大事に大事に見守り、世話をしているだけに、見た目は同じトマトですが、全然違うトマトなのです。

その違いは一口食べるとわかるとおもいます。
これからそのトマトがひとつひとつ採れていきますよ。

畑には、トマトだけでなく、いろんな野菜が少しづつ植えられています。
くまさんの野良仕事はこれからも休むことなく続くとおもいます。

みなさん、どうぞ『くまの園』へはお気軽にお越しください。
仕事はいっぱいありますが(笑)





できたとこ勝負のくま野菜ですが、
登録させていただければ、送らせていただきます。
こちらも連絡をお待ちしています。
昨日収穫した野菜です!
福山の拠点は田畑だけではなく、全国の展示会のときのアイテムの発送もになっております。
くまさんは、昼間は野良仕事に精を出し、夜はアイテムの管理業務です。
札幌、九州、石川、岡山、東京など全国で開催される展示会に向けて、アイテムを選んでパソコン入力をして、箱に入れて発送という業務もこなします。

8月はカンボジアに向けての支援物資の発送も入ってきます。
皆さんからのタオル、歯ブラシ、Tシャツなどをボランティアで物資を持参くださる方のご自宅や、出発空港にむけて選んでパソコン入力し、発送しています。

そんな中で、「くまさんのおかげで甲谷がきれいになったね~」とご近所さんがいわれます。
ご近所さんのところ、公道も関係なく、目に付く草を黙々と刈り、一輪車で掃除しているくまさんは、この谷では、今ではなくてはならない人になっています。

そんなくまさんのいる『くまの園』に、みなさんもどうぞいらしてください。
『働いて楽しい!共に育つ!』がこの拠点のテーマです。
土に触れ、汗を流してはたらく楽しさは、都会ではなかなか味わえないですよね。

布団もあり、いつでも宿泊もできます。
畑で採れた野菜を、その場で料理してたべてみてください。

綿くり、わた打ちもご希望あればいつでも体験できます。

くまの園に来ると、元気が出てくると思いますよ。
そして、やったことのないいろいろな体験をぜひ味わってください!!

2015年6月15日月曜日

< 田植え会 終了しました!> byオラ

引き続き14日は、長い田んぼのお手植えです。

昨日宿泊の利奈さんと朝の野菜の収穫をして、昼食の煮物を作り、サラダの準備をしました。
人参を抜きました!!
前日から仕込んだポトフも、朝からコトコト煮込み、いい感じです。

今日はお二人が急きょキャンセルになりましたが、なんとかギリギリ総出で1列にならんで植える人数になりました。
黙々と植えていますね~!

 自分の足跡が凸凹で水面から出ていると、草が生え放題になること、
できるならば、足跡が水面からでないように、少しでも土を均して植えるとよいことなどを途中から気づいてお伝えしました。

7月になると、なんたって除草剤を撒いていないこの田んぼ。
土が出ているところは、一斉に草が生えますからね。
少し時間はかかっても、後からの手間を考えて、土の表面を均しながら、丁寧に植えていただきました。

オラが写真撮りにぬけて、くまさん横向いて私の場所を必死で植えてます(笑)
皆さんの集中力で、田植えは少人数であったにもかかわらず、午前中のうちに終わりました。

お昼ごはんは洋室から出たところでいただきました。
 

何とか今年もこれで田植えは終了です。
関わってくださったみなさま。ありがとうございました!!
くまの園で採れた野菜をたっぷりと食べていただき、
となりの畑で、いろんな野菜を収穫してみなさんそれぞれ帰って行かれました。
ブロッコリーを初めて収穫しました!
人参を初めて抜きました!
葉物の根はこうやって切るんですね。

などなど、畑の作物の収穫は慣れた者には当たり前のように思えるのですが、初めての方にとっては、どれも新鮮な体験ですね。

夕方田んぼの見回りに行くと、米ぬか除草したところの苗が少し弱っていました。
水が入りすぎていたのだと思います。

薬品の除草剤をつかわない米ぬかを撒いた実験の田んぼですが、元気に大きくなれ~と祈る気持ちです。



< もち米を植えました!> by くま

週末13・14日は、くまの園田んぼ手植えの日です。

最後に2枚残った田んぼの田植えです。

13日の土曜日は、参加者がいつものメンバーと
利奈ちゃん1名ということで、
小さな田んぼの手植えを行うことにしました。
里芋畑に交互にしている田んぼです。準備万端!














数日前から何の野菜があるかと確認が入り、
昼食は利奈ちゃん特製の予定です!!

先週はこの谷も 田植えの全盛期でしたが、
ほとんどの田んぼが田植えを終えたため、
静かな週末の田植えでした。

メンバーそれぞれ、去年の田植えのことを思い出したり、
いろんな思いを込めて田植えを行いました。
ひとつひとつ丁寧に・・・














2箱のもち米のうち 片方は間違って鶏糞をかけたためか
まぁ 青々と伸びて・・・
4人でのもち米田植え、出来上がった田んぼは 長い苗があったり短かったり、
でこぼこです(笑)

もち米 植え終わりました~














昼食は おいしいコロッケでした~。

台所に上がっての昼食でしたが、
同じことをしてもかなり汚れるくまは、網戸を外してもらって
チョコちゃんと同じ高さでの食事でした。
チョコもいつもメンバーです。










(午後の途中で田んぼ長靴がぐちょぐちょ音をたてるので、
 我慢できず脱いだところ、まぁ泥水がたっぷり出てきました。
 これはやはり くまの行動が原因か。。。)

くまはいつも長靴脱ぎが大変です(写真アップ byオラ)
昼食後は 各自  田んぼの植え継ぎをしたり、片付けや畑の草取りをしたり、
大工仕事をしたりいろいろです。


夕食の光景・・・













夜は様々な野菜料理を頂いた後、のーんびり蛍鑑賞に!
様々なカエルの声、そして愛犬ちぃたちが断続的になく中、
ふわふわ舞う蛍をゆーっくり見ることが出来ました。
(よかった~)

明日は もう1枚残った最後の田植えです。
さぁ もうひと踏ん張り!


2015年6月12日金曜日

<いよいよ週末は『田植え会』> byオラ

機械で植える田植えも一段落しました。

いよいよ13日・14日は手植えで田植えを行います!!

詳細はこちらです。

田植え会のご案内

毎日食べるご飯(お米)が、どうやって作られるのか、植えるところから関わってみられてはどうでしょうか?
お子様連れでも大丈夫ですよ。
お昼寝や、休ませる部屋はあります。子連れでこられると、早めに上がられてもいいと思いますし、植えなくてもみなさんの働く様子をみたりしているだけでも感じるものはあるとおもいます。
自然の残る福山市熊野町の田舎で、ミミズやカエル、泥に触れるだけでも普段そういったことに触れる機会のない現在では、体験できない素晴らしい経験となるでしょう。

畑に座り込んで草をとっているだけでも大地のエネルギーをいっぱい受けていることに気づきます。
自然の中で汗を流して働いていると、目に見えない恩恵をたくさん受けていることに気づかされます。
もちろん楽な仕事ではありません。しかしその『大変』な中にどれほどのギフトがあるか計り知れません。
これから大きくなる子供たちにこそ、泥だらけになってもらいたいなあと思いました。

心をこめて、ひとつの苗を植え、それがどう成長するのか、秋まで見守ってあげるとよいと思いますね~!
秋にそのお米を自分の手で刈り、干して、手でもみをとってみてください。
その大変さを味わうと、ひとつぶのお米も大切にしようという気持ちになるかもしれませんね。

参加費は昼食込みで1000円です。

宿泊を希望の方は別途宿泊協力金として2000円これは朝食込みです。
夕食は実費を割って徴収します。お風呂はこちらにお風呂はありますが、ご希望の方はここから15分くらいの温泉(昭和の湯)に行きます。

お泊りの方は天候によりますが、ホタルがみれるかもしれません。

また、くまの園でのスペシャルは、となりの畑でとれたての野菜です。
水菜
活き活き元気な野菜たちは、そのままサラダで食べていただくと、一番よくわかります。



春菊 
チシャ・サニーレタス

大根 


そしてくまさんが頑張って作ったイチゴの酵素ジュース、これが絶品です。

昨日夜炭酸で割って飲みました。ほんのり甘くてイチゴの香り、酵素が生きているので、ぶどう酒のような感じ。
くまのイチゴ酵素ジュースです!
これは週末に飲むことができますよ。
働いたあとの1杯は最高です!!

昨日の夜はまたスペシャル煮豚を仕込みました。
これは週末まで残っているかどうか疑問ですが・・

週末はスペシャルポトフを仕込む予定ですよ。
本当の獲れたて野菜のサラダと一緒にいただきましょう。

2015年6月9日火曜日

<機械植え終了しました!> byオラ

手植えの田んぼを残して、機械の田植え終了しました。

天気は、暑かったり、雨で涼しかったりしましたが、何とか今年も無事に終わりそうです。


 皆さんでお手植え予定の田んぼも耕運が終わり、代かきも終わりました。
こちらはもち米を植える予定です。
もち米を植える予定の田んぼは横のあぜが土なので、
モグラの穴だらけでボコボコです。
田んぼの中も穴だらけ。
耕運機のタイヤを何度も往復させて、モグラの穴をふさぎました。

横の石垣からは、ピューピュー水が流れていましたが、穴がふさがれ
やっと水がもれなくなりました。

苗を育てた場所も、きれいに植え終わりました。


今年の田植え機の出番は終了!
きれいに洗って来年の出番が来るまで納屋の中でお休みです。

あとはそれぞれの田んぼ、機械のはいらない角や、機械が飛ばしたところを植え継ぎです。

水が入ったので、毎日の水の管理も欠かせません。
朝6時にため池から水が出て、午後6時には水がとまりますので、
田んぼに水を引くのはその間になります。

いよいよ週末は、田植え会!! たのしみですね。
みなさんどうぞ田植えにお越しください。
こちらの田んぼがお手植え田んぼです。

2015年6月7日日曜日

<田植え開始!> byオラ

田植えが始まりました。
苗は運搬車で移動します。
夫が参戦し、田植え機で植え始めると早いですね。
4枚の田んぼがあっという間に終わりましたよ。
機械植えは、早い早い!
オラ、汗だくでトンボしていますよ。
機械が旋回した後の盛ったところをトンボでならすのですが、機械が早すぎて追いつきません。今日も汗だくでした。

今日は田植え機の操作も習って、なんとか田植え機も使えるようになりました。
しかし、下ばかりみているとまっすぐにそろわずガタガタです。
運転が上手ではないオラにとっては、田植え機も使いこなせるにはまだまだですが、なにごとも体験体験!!
今日も一日が終わりました!
 7日は岡山から里美さんが参戦。
植え継ぎをされました。

 今年から、米ぬかを除草剤として田んぼに撒いてみました。
田んぼは米ぬかで白くなりました!
1枚の田んぼで実験です。
 
夕方には、苗代を育てた田んぼも、苗を移動して耕運しました。
約1ヶ月、苗を育てた場所も、水をはってあっという間に田んぼに早代わり。

 昨日植えた田んぼに早速鴨が2羽泳いでいました。

むこうに黒い2点が2つ、あれが鴨です。ちっちゃ~い(笑)
一通りの田んぼ仕事を終えた里美さん。
野菜にご協力いただきました。
ラッキョウの根きり
 レタスに、キャベツ、ブロッコリー、たまねぎ、大根、豆類と
元気な野菜たちを手に、笑顔で帰って行かれました。

さて、田植えのピークは終わりました。
今残っているのは3枚の田んぼ。
そして筋肉痛です・・
あしたも楽しみま~す!!