2015年9月26日土曜日

<玉ねぎの種まきました> by くま

朝晩はすっかり涼しくなりましたね。

どんどん寒くなっていくこの季節、秋まき野菜の時期はとても大切です。

特に白菜は時期が遅くなるとまかない!

50日、60日白菜はひたすら虫とのたたかいです















また、玉ねぎの種は日にち指定がされているくらい。
(まぁ 23日前後、なんと今年は25日指定でした。講習会では・・・)

その前後の天気を 種をまくメンバーは気にして声を掛け合います。

今年は24日が雨、翌日ちょっとじゅるい感じでしたが、なんとか種まき終了です。

玉ねぎは定植前の苗が大きすぎると、収穫前にトウがたつことも多く、
小さい苗を大きくするのがいいのですが・・・。

過去2年、小さいものは小さいままでという始末。。。
今年も早生の種の発芽がいまいち。

早生・極早生の苗たち












今度はよくはえますように。
晩生の玉ねぎ、もみじ。寒冷紗で乾燥防止

















畑ではジャガイモが芽を出しております。



気温の差が大きくなったので、藍の花芽が付き始めました。
今年も藍は終わりです。



ただいま 3回収穫して干した藍の葉を粉砕中。
部屋に藍の葉のにおいが充満してます。

2015年9月24日木曜日

<連休> byオラ


連休は、2泊3日で主人とくまの園に滞在しました。
彼岸花が満開です。
彼岸花って本当に、いつもお彼岸に咲いていますね。

稲も少しづつ穂が垂れ大きくなってきました。
収穫が楽しみです。

くまさんは、天気のよい日は変わらず終日田畑にて野良仕事にいそしみ、せっせと畑を耕し、次々と冬野菜を植えています。
手押しタイプの耕運機、通称『荒くれ号』は、名前のごとく暴れ馬のごとく、今ではくまさんしか使いこなせる人はおらず、「もう寿命だ!」といわれながらも何年も使われ、夏野菜が終わった後も、しっかりと畑で働き、その役割を果たしていました。



21日は三原から、かおりんが来訪。

シソの収穫をしたり、草取りをしたりと終日働いて帰られました。
シソの実も葉と一緒に干します。
くまの園は裏がすぐ山になっており、裏庭や裏の石垣は、あっという間に竹やぶは広がり、ツルが覆い、草の山、ジャングルのようになってしまいます。
また、溝は落ち葉で塞がれるので、定期的に溝の掃除もしなくてはいけません。

主人が細い竹や草を刈り、
私はそのあとの枯葉をとり除いたり、溝の掃除や、小さな草の刈り取りをしました。
草や枯葉を取り除き、やっと石垣が現れました。スッキリ!!!
藍の葉
 そして、こちらは藍畑です。

刈ったあとの株からまた芽を出していますよ。
今年最後の藍の収穫をしました。

今年の藍は、すでにくまさんが刈りとり、干してミルで引いて粉にしてるところです。

生葉で、シルクを染めました。
生場の残りは広島に持ち帰り、冷蔵庫で保管し広島でも染めをしようと思います。

福山で野良仕事をしていると、あっという間に時間が過ぎます。

よい汗をかき、ちょっと筋肉痛にはなりますが、体を使っての疲れは気持ちよいです。
夕暮れにはなんとも言えず一日働いた心地よさを味わえます。

秋のくまの園、いちじくや柿もおいしいですよ。
どうぞお越しください。


2015年9月16日水曜日

<くまの園ワークディ> byオラ

本日は、くまの園にてワークディです。

午前中は、私たちの活動紹介と、ココナツオイルを使った料理
午後からは、手仕事縫製タイムです。

福山市内、尾道、広島、岡山から7名の方が参加してくださいました。

くまの園にたびたび訪れ、いつもご協力くださっているおなじみさんもおられますが、くまの園に初めて来て下さった方が5名おられました。


GHSの活動紹介には、しっかり耳を傾けてくださり、
ココナツオイルを使った料理では、すでに普段からオイルをよく使っておられる方もあって、いろんなアドバイスなどをお聞きできました。
長年主婦をされている方たちが、真剣に料理。
その手際のよさには感服です。
あっという間に、数品ができあがりました。

本日のメニューは・・・
ココナッツ野菜カレー
ピリ辛豆腐ココナツ風味
焼きなすサラダ
生チョコレート
きゅうりのからし漬け(ご近所さんから)
とてもおいしくいただきました。

そして午後からは、食したココナッツオイルのプロジェクトの説明をさせていただきました。

電気や水道も整っていないミャンマーの農村。
日本の大学で勉強しているミャンマー人のウィンさんがミャンマー、カンボジア、日本を行き来しながらも、ミャンマーの村の方々と共に一生懸命手間ひま惜しまず作り上げたオイルは、発酵させて作った生きたオイルです。
今、村の皆さんが本気でオイル作りに取り組まれています。
ココナツオイルの効能もボケ防止になるなどすばらしく、知れば知るほど今の日本人に必要とされるものだとわかりました。
このオイルを通じて、日本もミャンマーもいろんな意味で豊かになることを望みます。
私たちのNPOグローバルハートスペースは、これからこのプロジェクトにしっかりと関わっていく予定ですので、どうぞ応援のほどよろしくお願いします。

そして縫製タイムです。


展示アイテムも色々と試着していただきました。
あっという間に1日が終わりました。

今回開催にあたっては、古民家でのミニ展示会つながりの福山にお住まいの方。
1年前の展示会に参加されて、久しぶりにお声かけした福山市内の方。

福山くまの園に近い方たちに、少しでもここを知っていただき
一人づつでもつなげたいという思いが叶い
本当に嬉しい日となりました。

今後も音楽会を開催したりとアイデアや方向性も広がりました。
参加された皆様ありがとうございました。

2015年9月15日火曜日

<兄弟分け合って仲良くな~!>  by くま

彼岸花もどんどん増殖し、無花果そして丹波の黒豆も実をつけました。

    彼岸花満開   
イチジクもこれからが本番


      
丹波の黒豆も実がつきました(まだ実は膨らんでないけれど・・・)






 















今年から稲の新品種「恋の予感」に取り組む福山地方。
例年の品種「ヒノヒカリ」ならば、お盆過ぎには稲穂が
出揃うのですが、今年はようやく現在稲穂が出揃い、
少しづつおじぎをしてきました。

もち米は普通どおり、一番はやいです。

 
ヒノヒカリ:茎が短いため穂が見えます

恋の予感:茎が長いため上から見たら穂がみえません


















ご近所さんと逢えばいつも、「今年は遅いなー」との挨拶から始まります。

今日も水回りに車で来ていた方としばしの会話。
いつも稲の状況から、いのししの話、そしてよく昔の話もしてくださいます。

今回 くまの園の稲たちは、肥料を均一にまけていなかったからか、
一番大きな田んぼは育ちのいいものから悪いものまで、波のようなうねりが…。
稲穂のための肥料、穂肥をまく前がその状態で、育ちがいまいちのところ中心に
穂肥をまいたため、今度は逆現象が。。。。

うねり

















話をしていた方の田んぼはきれいにそろっていたため、
その会話をしたところ、
「手でまいても機械でまいても均一にならない。
小さなころにいつも“兄弟分け合って仲良く食べなさい~”と思いながら、
肥料をまきなさい、と親に言われたとのこと」を話してくださいました。

去年のイベントでもそのような話になったが、
要は如何に心を込めて話しかけるか、何事もそうだと
今日の会話でも更に実感。

未だに毎日田んぼに水をあてるくまの姿を見て、
ご近所さんに、『また来たぞー』といつも笑いかけられます。。。。

来年こそは・・・の年越しの課題がいつも多いかもしれません。

今日は 暗い中 ヘッドライトをつけて、
イチゴの苗をいのししのおじちゃんともらいにいきました。
ヘッドライトコンビは変わりません・・・。




2015年9月12日土曜日

<都会の風>  by くま

長雨続きの毎日でしたが、ようやくちょっと回復の兆し。
昨日も畑の畝の間に水がたまっているのをみて、
イノシシのおじちゃんに「金魚飼っとんのか・・・」と声をかけられ、
それから2時間水抜きそして、おじちゃんの水抜き指導がありました。

雨の合間を縫って 外作業を行っていた7日~9日。
東京から セラピスト“阿部恭子さん”が、くまの園に来訪されました。

1日目の2時頃にくまの園に到着。
休んだ後、くまの園を案内している際に、いのししのおじちゃんとおばちゃんに遭遇。
紹介をしたあと、奥の愛犬たちのところでくまと3人になると、
いのししのおじちゃんが一言「やっぱり東京から来た人はにおいが違うなー。。。」と。
じゃあ 私たちはどんなにおいだと、しっかり言い返しましたが・・・(笑)。

その後の作業は 藍の葉の収穫そして 干す作業を行いました。

藍を洗って、輪ゴムとひもでしばって干します
これが束






2日目の午前中は乾いた藍の葉の、こそげ作業実施。

乾いた藍の葉をこそげて、次はミルサーです。

















午後は、いつもくまがお世話になっているご近所さんに、
阿部恭子さんがご厚意でハンドマッサージをしてくださるということでお声掛けをしていたところ、
3名様がつれだってきてくださいました。

待ち時間があるため、お一人お一人ということで、ご案内をしたのですが、
一人づつのハードルは高く。。。

お一人がマッサージを受けている間は、他のメンバーはくまと一緒に乾燥藍の選別・茎とりを実施。近所の話題を話しつつ、順調に作業は進みます。

マッサージが終わったメンバーは「気持ちよかった~」といいながら、次のメンバーを送りだします。
藍の作業も進み、みなさん、大満足で帰られました。
翌日の朝まで、「手がすべすべ―」という話でしたよー。

マッサージ終了後は、乾燥藍をミルサーでひたすら細かく!
そんなこんなで 2日目の夜はふけていきました。

3日目は午後移動ということで、台風の状況を気にしつつ、少しゆっくりしていただきました。

阿部恭子さん滞在時の2泊3日、おいしいご飯を作ってくださいました。
かなり 腕が上がっていらっしゃる!!
とってもおいしかったです!!

タコ飯のために、生ダコを塩もみもみ

















また 今度ゆっくりいらしてくださいねー。








2015年9月6日日曜日

<秋がじわじわ>  by くま


川べりに彼岸花発見!!じわじわと秋を感じております。

一輪です















雨続きの中、植えた種たちもなんとか芽を出しました。

人参
大根葉

           


         白菜たちです

ようやく晴れて畑が乾いたと思ったら雨が降り、
今日はなんとか荒くれ号とともに、畑に入ったもののぬかるんであえなく退散。

可能な範囲で 次に苗を植える場所を作りました。

最近は天気を見ながら、藍を切って干したり、
干した藍の葉をこそげて次の段階の準備をしています。


 

これから、藍の葉を細かくしていきます。。。

これだけかさばっても、細かくするとどれだけになるのか。
45リットルのバケツ一杯は、かなり難しいかも。

本日は 近くのグループホームのお祭りでした。
重さをあてるゲームで、3位となり商品を頂きました。

これぞ 日々の発送作業の成果か。。。

不思議とこの谷のメンバーが上位となった重さあてゲームでした(笑)。

稲は穂が出揃いました。