2015年11月28日土曜日

<パン釜作り進化中!!> byマヨ

福山拠点でのパン釜製作は、連日朝から晩までコツコツと地道に継続中です。
私は、パン釜製作中も福山と広島をちょこちょこ行ったり来たりで、全貌を拝見している
訳ではありませんが、訪問する度にその進化に感嘆しております!
煙突まで設置済みとなっておりました!
本日は、パン作りやその他の手作りスペースの環境を整えるため、水回りの整備が必要となり私の主人(水道屋)と共に福山入りしました。ちょうど1週間前に現地調査に訪れ、本日は材料と共に訪れた次第です。

到着後は携わるメンバーで打合せ、そしてみなさんそれぞれの仕事へ…
今回、この窯作りに若者の参戦があり大変頼もしく有難い機会となっております。先日は広島より、水曜日から金曜日は東京よりそして、九州からもピチピチの男女がこの拠点でお仕事をされております。
いやーーこれからは次世代を担う若者たちに頑張って、この拠点を活用し盛り上げて頂きたい!と半世紀過ぎたオババは秘かに願うのでありました。

さて、水回りは。。
裏手の給湯、給水配管をパン工房付近までつなげていきます。途中の工程は全くみておりませんので詳細は割愛させていただきますが、ご覧の通り設置完了となりました。

本日は、くまの園常駐スタッフのくまさん、そしてオラさんが岡山プログラムに参加のため不在でしたが、カンボジアより強力な助っ人KABA子さんが、肝っ玉かーさんの如く一手に家事全般を担っておられました。

こちらのブログを見て、毎日暇だわ~と感じておられる方がいらっしゃいましたら、どうぞ、くまの園へ足を運んでみてください!それぞれができるご奉仕がたんまりございますよーー!!




2015年11月20日金曜日

<パン窯作りの準備>  byオラ

『パンの窯を福山くまの園に!』
という話が持ち上がったのが8月。

いつ?・・・どの場所に?・・・どうやって?・・・
パンは誰が焼くの?・・・

話が出たときには、いろんな疑問が頭をめぐり脳みそはグルグルなりましたが、話が出たということはできるということ。
やるということになるなら、本気で楽しんでやるっきゃない!!

亜弥迦さんが立派な設計図を作成してくださり、土井さんが家にある耐火煉瓦を寄付してくださり・・・

そうこうしている間にあっという間にその時がやって来ました。

亜弥迦さん、ウィンさん、そしてGHSメンバー、カンボジアからKABA子さんが帰国し、ただいまカンボジアの拠点で日本語を勉強中のミャンマー人のゆうじさんも来訪し、窯作り準備が始まりました。

窯作りの準備というのは・・・

くまの園には蔵がありますが、何十年も手付かずだったもの。
江戸時代のものもありました。
いにしえのお宝といえば聞こえはいいですが、
放置したままの誇りだらけの倉庫をなんとかして、パン工房や窯をつくることになったわけです。
まずはそこの掃除、片付けからはいらなくてはなりません。

マスクと手袋をして、ホコリにむせながら総出で片付けました。
麹を仕込んでいるのではありませんよ。
古いお米が発酵したようになっていました。

カッターでアルミの米収納庫を切断して掻き出しました。
実家の蔵とはいえ、心苦しくもひどい状況の場所をそのまま使っていただくことになったわけですが、今、蔵とそのまわりは、皆さんのお陰で生きる空間にかわりつつあります。

今ある空間をどう活かすかを考えたとき、この家も、アジアの子供たちの自立につながる生活の場として活かせるなら、ご先祖さまが大事にしておられた物を捨てたとしても、きっとご先祖様も喜んで下さると信じて一つひとつのものにも『ありがとう。さようなら』と声をかけてお別れしました。
蔵から出したゴミの山!
ただいま、サポートメンバーも入れ替わり立ち代り来訪。
くまの園ゲストブック

今後も奉仕メンバーが全国からやってきます。
来月にはスリランカから、パン作りと日本語の勉強にサジーニさんが来訪されることもきまりました。

パン工房はどうなるのか・・・
どんなパンができるのか・・・

予測はつきませんが、とても楽しみです!!
くまの園は、ただいま活気付いております。

手や力などの労働力、お食事や掃除のご奉仕、窯作りのための寄付。
何かを差し出せる方、おまちしておりまする。
窯の基礎 2日目




2015年11月16日月曜日

<ただいま~!>  by くま


6日から11日まで久しぶりに北海道にイベント参加のため、
いっておりました。

雪が降った日もあったとはいえ、北海道の家の中は
ぬくい!!

帰ってからのくまの園の家の中の寒さを実感したものです。

ちょうど出かける際に干し柿を作る時期と重なるも、
ご近所さんが一緒にとった柿を吊るし柿にして下さいました。



水やりも引き受けてくださり、ハウスの中のしいたけも
帰ってから収穫できました。

いつも感謝感謝です。

さてさて、帰ってからはここくまの園は大わらわ。

またその様子はここに記します。お楽しみに!

久しぶりの北海道は やっぱり広かった。。。

2015年11月3日火曜日

<お掃除隊 参上!!>  by くま

文化の日、朝早くに岡山から利奈ちゃん、宇多子さんが
くまの園に来てくださいました!!

今回は、10日過ぎから人の出入りが多くなるための、母屋のお掃除中心です。
事務所はおそろしく散らかっており、誰をも入れない・・・。

早速 着替えて、午後2時前ころまでお掃除を行いピッカピカにしてくださいました。
ありがとうございました!!
 

さて、くまはというと早生玉ねぎの植え替えを行っておりましたー。
意外に苗を抜いてみると本数があり、用意した1列もあとわずかとなりました。




さてさて、11月の中旬には晩生の玉ねぎの植え替えです。

ここ数日 カメムシが多いですねー。

紅花とても元気です!








2015年11月1日日曜日

<今年も熊野町文化祭参加!!> by くま

心配していた稲の収穫も天候に恵まれ無事終わり、気がかり
のことが少ない状態での文化祭参加。

毎年 不安定な天候の文化祭ですが、今年は何とか夕方までもつということで、
まずはひとまず安心。

一輪車出勤の準備をしていましたが、今年もタクシー出勤!!
いつもありがとうございます!!

会場到着時の8時過ぎは暖かかったのに、だんだん冷たい風が・・・。
9時45分開会式。今回はご近所さんはちょっと遅くなるといことで、一人で店番。

3回目の連続参加ということでぼちぼち顔を覚えてくれてきましたが、
長ーくお住まいの方の顔の広さにはかないません!!

営業本部長のご近所さんが助っ人参加するまでは、
顔見しりの門東(くまの園の自治会名)の方が、挨拶がてら来てくださる程度。

しかーし、営業本部長が見えてからは、足を止めてくださる方が格段と増えました。

風びゅんびゅん


今年はちょっと奥でした。

































両隣がフリーマーケットということで、なかなか厳しい状況ですが、
なんとか協力できるものを見つけて協力してくださいます。
また、昨年ご協力くださった方が同じものをお求めに来てくださったり、
よかったよーとの声を聞けたことは良かったです!!
お目当てのものは今年はなかったので、来年のご予約を承りました。

8:00~15:30 今年の文化祭はひえーる一日でした。



動いていると暖かいんだけどねー。

来年の文化祭は暖かいといいなー。





<稲刈り終わりました!> byおら

今年も2週間遅れでやっと稲刈りが終了しました。
夏の長雨、そして品種を変更したため、10月最終週、
やっと稲刈りを終えることができました。
今年は稲刈りの予定もなかなか決まらず
1日は2名のご参加をいただきました。
あとのほとんどは、くまさんと主人とオラの3名での稲刈りとなりました。



一昨年はウンカの被害に合い、昨年は台風で稲が倒れてあちこちが手刈りになったりと、収穫の間近にいろいろとありましたが、
今年の稲刈りは、天気に恵まれて土もよく乾き、やり易かったです。

機械あってこそ数日で終わることができました。

終了後は、1年に一度しか使わない機械ですが、
また来年のために、しっかりと掃除して片付けます。


ねずみの巣になってしまうので、できるだけ入れないようにカバーをするのですが、
まいとしねずみには、どこからか入られてしまいます。

新米『恋の予感』は、粒が少し大きめで、
あっさりとおいしく育ちました。
田んぼのワラは最後に火をいれました。
新米のお味は格別ですよ!!
くまの園でのお米、みなさんにお分けすることもできます。
連絡をお待ちしています。