2016年7月20日水曜日

<大きくなりました> byオラ

 田植え後に、何かと瀕死の状況に遭った苗たちですが、
毎日のくまさんのお世話によって、大きく育ってきております。
うれしいですね~~!!

しか~し、
草もこのとおりしっかりと育っております。

無農薬の田んぼは、除草剤を使わないので、草がびっしりです。

オラは、カンボジアの拠点が岡山に引越しする予定で、
岡山では準備のために滞在が長くなっております。
なかなか福山に帰ってくることができません。

福山では、くまさんが連日一人で頑張っていますが、
私も関われる日は草取りに参戦です。
皆さんでお手植えした苗もこのとおり大きくなっていますよ!!

中央にはいつくばっているのがくまさんですよ~!
 庭の草取りは、しゃがむことができますが、田んぼの中はずっと中腰です。
延々と続けているくまさんは、手馴れてシャカシャカと進むのですが、
私は時間がかかってもくまさんのようにきれいにはできません。

一日やっていると、最後には腰痛に、粘土土の中で歩いていると、足も上がらなくなり・・・
最後には握力まで失い、草を入れたバケツを持ったままで、
ヒョロヒョロと田んぼにこけてしまいました。

苗を倒して、おまけに泥だらけです(汗)

そしてまた、翌日の筋肉痛はすごかったですよ!

あぜと田んぼの草取りに、日々励んでいるくまさんは
やっぱりすごいですね~~!!!

ご近所さんは、通りがけに、
「草は少々生やしとけばいい。
えらいじゃろう(しんどいでしょうという意味)。。」
などと声をかけてくださる方もいます。

最近は自然農法など、草と共存するようなやり方もあるようですが、
このあたりでは、草を生やしていると、病気になりやすかったり、
収量が落ちるといわれて、みなさんせっせと草を抜いておられます。

大雨で瀕死だった子達も、こんなに育ちました!
私はこちらの手前の田んぼに這いつくばっておりまする。
 『私は四足動物・・・』
とつぶやいてみても、楽になることもなく、
必死で抜いて運んで、抜いて運んで・・・
なんとか一日草取りは終了。

あらためて、草取りは大変ですな~~~

やったところが目に見えてきれいになっていること。
時折吹く風のここちよいこと。

大変な中にも、プチ幸せを感じながらも、
倒れこむように、一日仕事を終えたオラでした。

ところで、カンボジア常駐していたKABA子さんが帰ってきました。


くまの園にも立ち寄り、初物のとうもろこしをキラキラした目で
食べておりました!!